不妊の原因

不妊の原因には様々な要因が考えられています。その原因は1つではなく、複数が絡んでいる場合もあります。女性、男性のどちらか片方だけでなく両方に問題がある場合もあります。 原因とされているものを大きく分けると、病気などによる体の問題と心に問題がある場合の2つになるようです。病気が原因の場合、子宮内膜症など様々な症状がありますが、これらは治療により不妊を改善することが出来ます。冷えやコリ、疲れ、食生活の乱れなどいわゆる未病からきている場合も改善することが出来るといわれています。

この未病の改善には、個人の意識改革が必要なように思います。例えば食生活ですが、カフェインを摂取しすぎると妊娠する確率が減少するという調査結果もあるようです。男女問わず、生殖能力に影響があるようです。肥満も良くないといわれています。肥満は男女ともにホルモンバランスを崩し、女性の場合は「多嚢胞性卵巣症候群」にかかりやすくなるようです

男性の場合も、精液の質を低下させることが研究で分かっているそうです。しかし、過度なダイエットは精神的にも身体的にもストレスを与えてしまいます。生理不順になってしまったりと別の問題も引き起こしてしまいますので注意して下さい。

心に問題があるとされる場合は、ストレスが大きな要因と考えられているようです。ストレスを抱えると体は己の生命維持を優先し、性欲(生殖)は減退するそうです。ストレスはホルモンバランスを崩してしまうため、これにより不妊につながる症状を引き起こしてしまうこともあるようです。

現在の医療では不妊の原因が分かれば、改善方法は見つかるでしょう。しかし、体に問題もなく、心身共に落ち着いて過ごしている人でも妊娠に至れない人もいると思います。まだ見えてない原因があるのも確かでしょう。そのため今後の不妊治療に期待される方も多いのではないでしょうか。