不妊治療の費用

現在、不妊治療は基本的には保険適応外とされています。つまり、費用は全て自己負担となります。金銭理由で不妊治療を諦める方もいるそうです。ただ、自治体によっては一部助成金を出している所もあります。助成金の条件も様々ですし、出さない自治体もあります。是非お住まいの都道府県、市町村に問い合わせてみてください。

保険が適応される不妊治療には、初期治療法でもある基礎体温を観察しながらおこなう「タイミング法」です。どこの病院でもほぼ同じだと思います。

体外受精など高度な生殖補助医療となると、費用は大幅に違ってくるようです。それぞれ病院に問い合わせれば、保険適応範囲や治療にかかる費用の目安を教えてくれるます。例えば、パートナーの精子をチューブを使って人工的に子宮に入れる「AIH(配偶者間人工受精)」は、1回あたり約1万~3万円程度だそうです。また、体外で卵子と精子を受精させ、受精卵を子宮内に移植する「体外受精」の場合には、30万円くらいかかるそうです。ただ、1回目よりも2回、3回目は少し安い費用で済むところもあるそうです。

顕微鏡を見ながら人工的に卵子の中に精子を受精させ受精卵をつくる「顕微受精」は約40~50万円程度が目安だそうです。体外受精と同様に、治療回数ごとに安くなるところもあるそうです。また、受精卵を凍結保存させるには、10万円程の費用がかかるようです。

ご自身、パートナー、医師でどのような不妊治療を行うのか、またどこまでの治療を望むのか、自治体の助成金の有無を確認し、金銭面でも相談しながら治療できることが大切だと思います。