不妊(女性が原因)

不妊の原因が女性側にあるとする場合、主に「卵管障害」「排卵障害」「子宮着床障害」があげられます。

卵管障害の場合、性感染症(クラミジア)に感染していると卵管の細胞が傷つき、受精卵がうまく子宮に運ばれないことがあるそうです。卵管の癒着が不妊の原因となることもあります。これは卵管に粘液栓が出来たり、性感染症などが原因で起こるそうです。また、卵管の閉塞(卵管が詰まっている状態)も卵管障害の1つです。

排卵障害には、ホルモンバランスの乱れによって起こる「高プロラクチン血症」があります。本来プロラクチンとは、授乳の役目を果たすために分泌されるホルモンですが、これが授乳期以外に高いと無排卵や生理不順を引き起こしてしまうそうです。また、卵巣の中に卵胞がたくさん溜まってしまい排卵に障害が出てくる「多嚢包性卵巣」などが排卵障害に該当するようです。

子宮着床障害においては、子宮内膜を厚くして妊娠するための準備をしてくれる黄体ホルモンの機能が不完全のため妊娠に至らない「黄体機能不全」や、性感染症などが原因で起こる子宮内膜の癒着などが障害理由としてあげられるそうです。また「子宮奇形」もこの障害の1つだそうです。

その他に外科的手術が必要とされる「子宮筋腫」「子宮内膜症」「子宮内膜ポリープ」などが原因になることもあります。いずれにせよ、ホルモン分泌の異常が発端となっている場合が多いようです。

体の冷えやストレスも不妊の原因とみられています。血液の循環の悪さは免疫力の低下やホルモンバランスの乱れに繋がり、生理不順になったりと体の機能が正常に働かず、不妊症を引き起こしていると考えられています。