女性の不妊検査

女性のための不妊症検査は項目が多く、一通りの検査を終えるのに数ヶ月かかることも珍しくないようです。

初診時に1~2カ月程度の基礎体温を持参すると、その後の検査が早く進むとききます。内診や必要に応じて血液検査や尿検査などが行われます。

「超音波検査」は、子宮筋腫や卵巣腫瘍、卵巣の構造や位置など体内の状態を調べるために行いますが、主に2通りあるようです。お腹の上から装置をあてて子宮全体の様子を調べる経腹超音波と、膣の中に直接装置を入れて卵胞の発育の様子や子宮内膜の状態を診る経膣超音波検査があります。

「ホルモン検査」は、排卵の有無や障害の程度などを調べます。

「子宮卵管造影検査」は、レントゲンで卵管の状態や子宮腔などの異常などを診ます。造影剤を子宮に注入しますが、これにより卵管の詰まりが改善され通りが良くなる場合もあるそうです。

「卵管通気による検査」は、造影検査より簡単な方法で、卵管の通り具合を調べられるそうです。

「子宮鏡検査」は、子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの異常を発見するために行われます。

「腹腔鏡検査」は、細いカメラ(腹腔鏡)を腹部に入れて、中を調べます。癒着を取り除いたり、卵巣嚢腫や卵管開口手術なども行うことが出来るそうです。

「頸管粘液検査」は、頸管粘液を排卵期に摂取し、粘液の状態や排卵の時期などを調べます。

「フーナーテスト」は、性交後の子宮頸管内での精子の活動具合など状態を調べます。また、抗精子抗体の有無がわかることもあるようです。

その他にも、尿から排卵検査を行う「LH検査」やクラミジア、梅毒など感染症の有無、貧血、子宮がん検診など様々な検査方法があるようですが、全ての人が全部の検査を行うわけではありません。月経周期に合わせて、その時に合う検査を行い、またその人の身体に応じて検査は進められていくようです。