不妊治療の種類

不妊治療は検査を行いながら、それに応じて治療を開始していくのが主流です。不妊治療には様々な治療法がありますが、大きく分けて2通りあります。一つは「自然妊娠」です。不妊治療により身体を正常の状態にしてから性行為をおこない、妊娠を待つ方法です。もう一つは「人口妊娠」。生殖補助医療(ART)や高度生殖医療といわれる方法です。原因が不明の場合や、一般的な不妊治療では妊娠が難しい場合には、体外受精など「人口妊娠」の選択肢が出てくるようです。

しかし、どの方法も妊娠の確率を高めるものであって、絶対妊娠が出来るものではありません。また、不妊治療は時間のかかるものだと認識することが必要だと思います。

自然妊娠を促すための不妊治療として行われる「タイミング指導」は初歩的な治療法で、基礎体温を見ながら性交のタイミングを指導していきます。また内服薬を使用する不妊治療では、漢方薬、排卵誘発剤、黄体ホルモン剤などが使われます。ホルモンバランスが原因となっている場合、薬の服用は有効のようです。しかし、中には副作用もあり、頭痛や嘔吐などの症状もでてしまうことがあるそうです。また薬によっては長期使用により、子宮に別の悪影響を及ぼしてしまうものもあるそうです。服用期間の指導をしっかり受けて下さい。成分や副作用など、薬について不安なことはしっかり確認しましょう。注射によって下垂体性性腺刺激ホルモンという内服薬よりも強い排卵誘発剤を使うこともあるようです。他に、軽度の卵管の詰まりを修復したり、炭酸ガスによる卵管の働きを改善する「卵管通水・通気法」などがあります。

「人口妊娠」とも言われる不妊治療には、「AIH(配偶者間人工受精)」のように、子宮頸管に異常がある場合などに行われる治療で、精子を細いチューブで子宮に入れる方法です。また体外で卵子と精子を受精させる「体外受精」によって、受精卵を子宮内に移植し着床を試みる方法もあります。他にも、卵子と精子を体外に一旦取り出し、それらを混ぜ合わせて卵管内に移植する「ギフト法(配偶子卵管内移植方法)」や、顕微鏡を使って人工的に卵子の中に精子を入れて受精させる「顕微受精」があげられます。

最近では、病気や障害による不妊症でない場合に、鍼灸による不妊治療もあるようです。